ロシア生まれのカラシニコフ、米フロリダ州で製造開始へ

2016.01.28 Thu posted at 15:27 JST

[PR]

ラスベガス(CNNMoney) 過去70年近くにわたって世界各地で使われてきたロシアを代表するライフル銃「AK−47」の製造が、米フロリダ州でも始まる運びとなった。

米企業のカラシニコフUSAはこのほど、フロリダ州ポンパノビーチで銃の組み立てを行う認可を得た。同社はこれまで、ロシアのカラシニコフ・コンサーン社(本社モスクワ)が製造するAK−47を輸入・販売してきた。だが2014年にロシアのクリミア併合を受けて米政府がロシアへの経済制裁を発動。輸入はできなくなり、カラシニコフUSAはカラシニコフ・コンサーンとの関係を断った。

カラシニコフUSAは昨年、本社のあるペンシルベニア州で銃の製造を開始。現在は製造拠点をフロリダ州に移しつつある。

同社はカラシニコフブランドの銃を手がける米銃器メーカーと自らを位置づける。先週ラスベガスで開催された全米シューティングスポーツ財団主催の見本市「SHOTショー」では、同ブランドのライフルや散弾銃の新製品を発表した。

AK−47はスターリン統治下のソ連で1947年に製造が始まった。カラシニコフというブランド名は、設計者のミハイル・カラシニコフ氏にちなむ。

AK−47の模造品は中国や旧ソ連諸国、米国など多くの国々で生産されている。だが本家カラシニコフブランドの銃は米国のコレクターから特別視されており、経済制裁発動以降は価格が急上昇していた。

カラシニコフ銃は耐久性と信頼性に優れ、世界各地で使われている。アフガニスタンでは、反政府武装勢力タリバーンから米軍が没収したカラシニコフ銃が1954年製だったという例もある。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]