アラスカ航空、自社CEOの手荷物を紛失

アラスカ航空が同社CEOの手荷物を紛失した

アラスカ航空が同社CEOの手荷物を紛失した

ニューヨーク(CNNMoney) 手荷物の扱いには定評のある米アラスカ航空で、同社のブラッド・ティルデン最高経営責任者(CEO)の手荷物が行方不明になるトラブルがあった。

ティルデンCEOによると、米首都ワシントンで先週開かれた会議の間に、同航空に預けていたかばんが紛失した。翌日には戻って来たという。

米政府の統計によれば、アラスカ航空の手荷物紛失件数は平均すると乗客10万人につき3個のみ。大手のユナイテッド航空やアメリカン航空よりも実績が良く、業界平均の10万人当たり3.5個の上を行く。

2009年には業界で初めて、旅客機が到着してから手荷物受取所に到着するまでに20分以上かかった場合、25ドル分のクーポンまたはマイレージプログラムの2500マイルを提供する制度を導入した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]