ドイツ銀行、LIBOR不正操作巡り25億ドルの和解金

ドイツ銀行、LIBOR不正操作巡り25億ドルの和解金

ニューヨーク(CNNMoney) 米英の規制当局は23日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)など主要金利の不正操作事件を巡り、ドイツ銀行が25億ドル(約3000億円)の和解金を支払うことで合意したと発表した。

米司法省によると、ドイツ銀行子会社のDBグループ・サービシズは不正にかかわった罪を認めることに同意したが、ドイツ銀行の関与については訴追猶予の合意が成立し、ドイツ銀行が罪を認めないまま和解に持ち込まれた。

ドイツ銀行と子会社は司法省や英金融行動監視機構(FCA)など米英の当局に和解金を支払う。

当局の調べによると、ドイツ銀行のデリバティブ(金融派生商品)取引担当者らは2003~2010年ごろにかけ、共謀して不正に利益を上げる目的でLIBORや欧州銀行間取引金利(EURIBOR)、東京銀行間取引金利(TIBOR)を操作し、顧客や取引相手に損害を与えていたとされる。

ドイツ銀行は声明で、規制当局の調査結果を受け入れると表明。「本件は極めて遺憾だが、解決できたことをうれしく思う」と述べている。

ニューヨーク州の金融当局によれば、不正操作にかかわった行員らの多くは懲戒解雇などの処分を受けたり退社したりした。しかしまだドイツ銀行に残っている幹部がいるとして、同行に対して解雇を求めていることを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]