返事ができるバービー人形、中止を要求も

ニューヨーク(CNNMoney) 米玩具大手マテルが、子どもの話しかける内容を学習して返事ができるバービー人形を今年秋に発売すると発表した。これに対して児童保護団体などは「気味が悪い」と反発、マテルに発売中止を要求している。

「ハロー・バービー」は音声認識機能や無線LANに接続できる機能を備え、ベルトのボタンを押すと話しかけた内容を録音してクラウドに送信。持ち主に関する情報を蓄積して返事の内容に反映させる。やがてその子どもの好きな物や嫌いな物を学習し、会話に織り込めるようになるという。

これに対して子ども向けのコマーシャルに反対している団体のスーザン・リン代表は、「子どもたちはバービー人形だけでなく、巨大玩具会社に向かって直接話しかけることになる。その相手は利益にしか関心がない」と主張する。

ニューヨーク市内でこのほど開かれた玩具の展示会では、広報担当者が「大きくなったら何になろうかな」と話しかけると、バービーがそれまでの会話の内容に関連付けて「ステージに上がるのが好きなんでしょ。ダンサーはどう?」と答えてみせた。

リン氏はこの反応を「気味が悪い。子どもや家族が危険にさらされかねない」と見る。

一方、マテルの広報は、バービーと会話したいという子どもたちの願いをかなえたと説明し、「ハロー・バービーは児童オンラインプライバシー保護法を含む政府の基準を満たしている」と強調した。データへの不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策も講じているという。

ハロー・バービーは米国の年末商戦シーズンまでに発売される予定。価格は74.99ドル(約9000円)。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]