黄金の懐中時計が28億円で落札

1933年にスイスの高級時計メーカー、パテック・フィリップが製造した「ヘンリー・グレーブス・スーパーコンプリケーデョン」

1933年にスイスの高級時計メーカー、パテック・フィリップが製造した「ヘンリー・グレーブス・スーパーコンプリケーデョン」

(CNN) スイスで行われたオークションで11日、1933年にスイスの高級時計メーカー、パテック・フィリップが製造した懐中時計が史上最高値の2440万ドル(約28億円)で落札された。

落札されたのは「ヘンリー・グレーブス・スーパーコンプリケーデョン」と呼ばれる時計で、落札者の身元は明らかになっていない。

この時計は著名な銀行家ヘンリー・グレーブス氏の注文で作られたもので、コンプリケーション(複雑)の名の通り、当時の技術の粋を集めた機能満載の時計だ。

内蔵された大小のチャイムは英ウエストミンスター寺院の鐘を模した音を鳴らし、月の満ち欠けや月齢、日の出や日の入りの時間も表示。自動で日付を調整する「万年カレンダー」機能も搭載している。

中央にあるのは、ニューヨークの夜空の星の配置を表した星図で、グレーブス氏が暮らした5番街のマンションから見るのと同じ速さで動く。恒星時を調べる機能もついている。

オークションを主催したサザビーズによれば、この時計は900個もの部品から構成されており、コンピューターの助けなしに作られた時計としては最も高機能だという。最後に巻かれたのは1969年だが、今も完璧に作動するという。

パテック・フィリップは1925年にこの時計を受注。完成まで8年かかったという。

これまでの時計の落札最高額は1999年にカタールの王族が同じ時計を落札した際の1100万ドル(約13億円)だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]