米英当局、外為操作の大手5銀行に罰金3800億円

香港(CNNMoney) 外国為替相場の不正操作を図ったとして調査の対象となっていた米シティバンクなど大手5銀行は12日までに、米国と英国、スイスの監督当局に計33億ドル(約3800億円)の罰金を支払うことに同意した。

罰金を科されたのはシティバンクのほか英HSBC、米JPモルガン・チェース、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)とスイスのUBS。一部のトレーダーが相場の指標操作を狙ったり、他行による操作に加担したりしていた。

5行合わせて米商品先物取引委員会(CFTC)に14億ドル、英金融管理庁(FCA)に11億ポンド(約2000億円)を支払う。各行の罰金はいずれも6億ドルを超えるが、最高額はスイス当局からも罰金を科されたUBSの8億ドル。2番手はシティバンクの6億6800万ドルとなっている。

FCAはさらに、英バークレイズの外為操作疑惑についても調査を続けているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]