迷子にならない「スマート」スーツケース、開発進む

空港に預けた荷物がなくなるトラブルの解消になるか?

空港に預けた荷物がなくなるトラブルの解消になるか?

ニューヨーク(CNNMoney) 旅先の空港で預けた荷物が所在不明になり、探すまでに数時間、ときに数日も待たされることがある。そんなトラブルの解消に向けて「賢い」スーツケースの開発が進んでいる。

そこで開発が進んでいるのが「スマートバッグ」だ。荷物の位置を全地球測位システム(GPS)で追跡するためのチップが埋め込まれたバッグやスーツケースで、所在地を持ち主に知らせたり、航空会社に場所を通知する機能をもつ。

エアバスは昨年のパリ航空ショーで、スマートバッグ「Bag2Go」のコンセプトデザインを発表。スマートフォンのアプリを使って追跡が可能なほか、重量が航空会社の規定量を超過していないか自重をチェックする機能などもある。

AT&Tも同様の製品コンセプトを5月に発表している。こちらはスーツケース内蔵型もあれば、一般のスーツケースやバッグにタグのように取り付けて使うことも想定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]