英国に新発想のフィットネス・ジム 運動と発電の一石二鳥

市当局もこのアイデアを歓迎している。ある地元議員は「私たちが目指すのも同じ方向。住民にはソファでテレビを見ていないで、活動的な生活を心がけてほしい。肥満とともに糖尿病や心臓病が増えているのはハルに限らず、全国的な問題だ」と話す。途上国を含め、世界各地の自治体などからも関心が寄せられているという。

ハルで試験的に導入した設備の費用は約10万ドル(約820万円)。同社では今後、携帯電話の充電などができる3万2000ドルのシステムや、売電が可能な13万ドル前後の大規模ジムといったプランも開発する方針だ。

英インペリアル・カレッジ・ロンドンのリン・ゲ博士は、「途上国にとってはかなり高額かもしれないが、既存の技術を生かした素晴らしい発想だ。サステイナビリティ(持続可能性)の考え方を普及させ、理屈抜きで人々の行動パターンを変えることができる」と称賛している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]