米国のアップルストア、2カ月ぶりに営業再開へ

米国内の一部のアップルストアが週内にも営業を再開する/Rob Kim/Getty Images

米国内の一部のアップルストアが週内にも営業を再開する/Rob Kim/Getty Images

サンフランシスコ(CNN Business) 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて閉鎖されていた米国内のアップルストアが一部の店舗について週内にも営業を再開することがわかった。アップルが発表した。

アップルによれば、アイダホとサウスカロライナ、アラバマ、アラスカの4州について一部店舗で営業を再開する。再開する店舗数は明らかにしなかった。アップルは4州で計6店舗を保有している。最初に営業を再開する店はアイダホ州ボイシで11日にオープンする。

アップルはまず、対人のサービスや技術的支援を行う「Genius Bar」に注力する。

店舗では体温の検査や、スタッフと顧客の顔を覆うなどの追加の安全措置も講じる。マスクを所持していない顧客にはアップルがマスクを提供する。人と人との距離を保つソーシャル・ディスタンシングを行うほか、店舗に入る顧客の数にも制限を設けるという。

アップルは3月上旬に中国など一部の地域を除いてすべての店舗を閉鎖。その後、韓国ソウルやオーストラリアの店舗などは再開していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]