ケネディ元大統領長女の駐豪大使、父従軍のソロモン近海で追悼の遠泳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケネディ元大統領長女、ソロモン近海泳ぎ父を追悼

(CNN) 米国のケネディ元大統領の長女であるキャロライン・ケネディ駐オーストラリア米大使(65)が、第2次世界大戦中に米海軍将校の父親が指揮していた魚雷艇が旧日本海軍の駆逐艦によって転覆させられた南太平洋のソロモン諸島近海を訪れ、追悼の遠泳にこのほど挑んだ。

魚雷艇が攻撃を受けた後、元大統領は部下の乗組員13人のうち生き残っていた11人を集合させ、約5.6キロ離れていたプラム・プディング島へ泳いでたどり着くことを率先したとされる。この島は現在、ケネディ島と呼ばれている。

大使が今回泳いだのはヤシの木がある浜辺を持つ小さな島二つの間の約1.2キロ。約30分かけて泳ぎ切ったという。自身の息子も同行した。

大使は「父親や乗組員の英雄的行為への評価を新たにした」と米大使館のX(旧ツイッター)のアカウントに記した。息子も「祖父を大いに称賛している。その根気良さが生存につながったに違いない」と振り返った。

元大統領指揮の魚雷艇が駆逐艦に襲われたのは1943年8月1日の暗がりがまだ広がる早朝だった。

ケネディ大統領図書館の資料によると、元大統領と乗組員はその後、食料と救援の方途を求めるため近くに位置するオラサナやナルを含む諸島に泳いで渡ったともみられる。元大統領もこの2島の間を複数回往復したという。

キャロライン大使が今回泳いだのも2島の間だった。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]