マリウポリは「今やゴーストタウン」、住民2万2000人が死亡か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しく作られた墓の前に立つ人=22日、ウクライナ・パリウポリ郊外/Alexander Ermochenko/Reuters

新しく作られた墓の前に立つ人=22日、ウクライナ・パリウポリ郊外/Alexander Ermochenko/Reuters

(CNN) ウクライナ・マリウポリ市長の顧問を務めるペトロ・アンドリュシチェンコ氏は24日、3カ月に及ぶ戦闘で住民の少なくとも2万2000人が死亡し、「マリウポリは今やゴーストタウンだ」と述べた。

アンドリュシチェンコ氏はCNNの取材に対し、市当局では住民の少なくとも2万2000人が戦闘で死亡したとみていると語った。アンドリュシチェンコ氏はウクライナが支配している地域に避難している。しかし、この数字は、報道機関が同市に近づくことができず、内部の住民も公に発言することを恐れていることから、独自に立証することはできない。

アンドリュシチェンコ氏によれば、死者2万2000人という数は市内に閉じ込められている市当局者と続けている連絡に基づいたもの。しかし、アンドリュシチェンコ氏は実際の死者数は、はるかに多いとみている。

アンドリュシチェンコ氏によれば、収集した情報に基づけば、マリウポリの夜は、中世に戻されたような状況だという。

アンドリュシチェンコ氏は「市内は完全に暗闇だ。明かりはロシア軍とロシアのパトロールのものだけだ。あらゆる場所から死のにおい、火のにおいがする」と述べた。

アンドリュシチェンコ氏によれば、マリウポリは人道危機に陥っており、外界との連絡手段がほとんどない。携帯電話の接続も再建が始まったばかりだという。住民は自由に移動することができず、市内のあらゆる移動には特別な許可が必要となるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]