「ロシア軍戦車の墓地」、住民の名所に 虐殺疑惑のブチャ近く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
変わり果てた姿のロシア軍の戦車が周辺住民の「名所」に/Ivana Kottasova/CNN

変わり果てた姿のロシア軍の戦車が周辺住民の「名所」に/Ivana Kottasova/CNN

(CNN) ロシアが侵攻したウクライナの首都キーウ(キエフ)の近郊にあり、住民の虐殺疑惑も起きたブチャに通じる森の中を縫う焦土と化した短い距離の路上が最近、周辺を通る住民らが足を一時止めて戦闘の結末を目に刻む「名所」ともなっている。

「ロシア軍戦車の墓地」とも呼ばれる場所で、付近には戦闘で吹き飛ばされた戦車や装甲車両の十数両がさびたままで放置されている。変形した戦車などの残骸に自宅などへ戻る住民が視線を注いでいる。

ブチャでは今年3月、侵攻したロシア軍の占領が数週間続き、ウクライナ軍がその後、奪還して解放した。ウクライナ軍の奮戦を象徴する土地としてもたたえられた。それ以降、破壊されたロシア軍戦車などはそのままの状態で残されている。

ウクライナ東部や南部での戦況の劣勢が絶えず伝えられる中で、「ロシア軍戦車の墓地」は勝利が意味するものを同国国民が直接理解し得る場所ともなっている。

到着した住民らの一部は写真を1、2枚撮り、さっさと立ち去る。しかし、ブチャへの帰宅などを果たし、ロシア軍を撃退した痕跡を直接目にしてしばらくの時間を過ごし、焼け焦げた残骸物を念入りに調べ、車内を見て歩く訪問者も多い。

勝利の文字を示す「V」が記された、燃えたロシア軍車両の前で笑いを浮かべ自撮りする男性も見かけられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]