スウェーデン外相、NATO加盟申請書に署名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加盟申請書に署名するリンデ外相=17日、スウェーデン首都ストックホルム/Henrik Montgomery/TT News Agency/AP

加盟申請書に署名するリンデ外相=17日、スウェーデン首都ストックホルム/Henrik Montgomery/TT News Agency/AP

(CNN) スウェーデンのリンデ外相は17日午前、北大西洋条約機構(NATO)への加盟申請書に署名した。

これにより、スウェーデンの加盟に向けた正式な手続きが始まった。

ロシアによるウクライナ侵攻が欧州に安全保障上、地政学上の激変をもたらすなかで、同国は数十年に及んだ軍事的中立に終止符を打つ。

リンデ氏は「非常に厳粛な一大事であり、スウェーデンにとって最良の結論に到達したと感じる」と述べた。

加盟手続きにかかる期間は不明だが、長くて1年に及ぶ可能性もあると指摘。申請書は一両日中にフィンランドとともに提出され、その後はNATO側の手続きになると説明した。

ロシアのプーチン大統領は16日、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟自体がロシアの脅威になることはないとしたうえで、両国への軍備拡張があれば確実に対抗措置を取ると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]