世界の子ども60万人に栄養治療食が届かない恐れ ウクライナ危機で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エチオピアにあるユニセフの倉庫に栄養失調者向けの治療食の箱を搬入する作業員/Tiksa Negeri/Reuters

エチオピアにあるユニセフの倉庫に栄養失調者向けの治療食の箱を搬入する作業員/Tiksa Negeri/Reuters

(CNN) 国連児童基金(ユニセフ)は17日までに、ロシアのウクライナ侵攻や燃料費の高騰により、世界で新たに栄養失調の子ども最大60万人が、治療食を受け取れないまま放置されるとの懸念を指摘した。

ユニセフによると、ピーナツや砂糖、油、粉ミルクを混ぜてペーストにした高エネルギーの栄養治療食「RUTF」の価格は、今後半年で最大16%上昇する見通し。

ロシアとウクライナは農産物の主要な輸出元だが、ウクライナ侵攻で供給が滞っている。

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に端を発するサプライチェーン(供給網)の混乱や干ばつなども、価格の高騰に拍車をかけているという。

ユニセフのラッセル事務局長は、ウクライナの戦争が世界の食料安全保障を圧迫する前から、紛争や気候危機、新型コロナによって、家庭で子どもたちに十分な栄養を与えられないケースが増えていたと指摘する。

ユニセフの推計によると、世界で現在、少なくとも1000万人の子どもたちが、重度の衰弱状態にありながらRUTFの配布を受けられていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]