北朝鮮の金総書記、軍に出動命令 当局の新型コロナ対応を叱責

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15日に開かれた朝鮮労働党の政治局非常協議会に臨む金総書記/KCNA

15日に開かれた朝鮮労働党の政治局非常協議会に臨む金総書記/KCNA

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記は、同国が初めて正式に確認した新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、軍の医療部隊に出動を命じた。

12日からは全都市がロックダウン(都市封鎖)に入っているが、朝鮮中央通信(KCNA)の16日の報道によれば、発熱の症例は14~15日夕の間だけでも新たに39万2920例が報告され、8人が死亡した。ただし、死因が新型コロナだったかどうかは明らかにしていない。

これまでに報告された症例の累計は120万例となり、そのうち64万8000例あまりは回復している。死者の合計は50人になった。ただし、専門家の多くは公式統計に懐疑的だ。北朝鮮の人口は約2500万人。世界的な大流行の影響をこれまで北朝鮮だけが免れていたとは考えにくい。

KCNAによると、15日に開かれた朝鮮労働党の政治局非常協議会で金総書記は、薬局を通じた国民への医薬品供給が間に合っていないと指摘。当局の対応について「目の前の危機を適切に認識せず、国民に献身的に尽くす精神のことばかり語っている」と批判した。

さらに、内閣や公衆衛生機関の「無責任な仕事ぶり」や組織的な実行力の乏しさを叱責し、検察の「職務怠慢」を非難した。

その上で、軍の医療部隊に対し「平壌市内の医薬品供給を直ちに安定させるよう」指示。薬局の衛生対策を徹底させる手段について話し合った。

金総書記はその後、平壌市内の薬局を視察し、医薬品の供給不足を指摘した。

韓国は16日に支援を申し出たが、北朝鮮が支援を受け入れるかどうかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]