「発熱症例」の新規患者29万人超、死者15人と発表 北朝鮮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝鮮労働党の会合に出席した金正恩・総書記/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

朝鮮労働党の会合に出席した金正恩・総書記/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、13日から14日夜にかけて「発熱症例」の患者が新たに29万6180人確認され、15人が死亡したと報じた。

患者と死者のうち何人が新型コロナウイルス関連なのかは明記されていない。北朝鮮の検査能力が極めて限定的なためとみられる。

北朝鮮は12日、新型コロナの感染者が初めて確認されたと発表していた。

KCNAは14日、4月末から今月13日の間に52万4440人が発熱の症状を訴え、このうち28万810人が今も隔離療養中だと伝えた。残る24万人あまりはすでに回復したという。

KCNAによると、金正恩(キムジョンウン)総書記は14日の会合で緊急疫病対策と医療物資を点検し、当局者らに対して中国が成果を出してきた隔離措置などを見習うよう指示した。

北朝鮮当局の情報統制や2年以上に及ぶ国境封鎖、限られた検査体制や医療インフラにより、事態は深刻化する恐れがある。

新型コロナワクチンを分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」からのワクチン提供をこれまで受け入れてないことから、住民のほとんどがワクチン未接種とみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]