黒海の小島スネーク島、ウクライナ戦争で重要な役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島への攻撃を捉えたとみられるウクライナ軍公開のドローン動画/Ukrainian Ground Forces/Reuters

島への攻撃を捉えたとみられるウクライナ軍公開のドローン動画/Ukrainian Ground Forces/Reuters

だが、スネーク島には象徴的な重要性にとどまらない役割がある。ロシアによる支配の既成事実化を許せば、ウクライナはオデーサ港と他地域を結ぶ海上交通路の自由を保証できなくなる。ウクライナの豊富な農産物の大半はオデーサを通じて世界市場に輸出される。

ウクライナ国防省のブダノフ情報総局長は13日、スネーク島を押さえた者がウクライナ南部の制海権と一定の制空権を握ることになると指摘。「この島を掌握した者は、ウクライナ南沖のあらゆる方向に向かう民間船の動きをいつでも阻止できる」とも述べた。

それゆえ、ウクライナはたとえ直ちに島を奪還できなくても、ロシアの支配を許さない姿勢を鮮明にしているのだ。

ここ10日間に実施した一連の攻撃では、ウクライナ軍のドローン(無人機)などの兵器が、島でのプレゼンス強化を試みるロシア軍を攻撃した。

12日の衛星画像には、同島唯一の埠頭(ふとう)の近くで沈没した揚陸艦が写っているほか、ウクライナは付近の哨戒艇2隻も攻撃したと主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]