深夜に鍵を破って92歳女性を連行、相次ぐ高齢者の強制隔離に不安増大 上海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者のコロナ隔離措置に不安増大 上海

(CNN) 中国・上海市内の古びた集合住宅。19日午前2時、男性2人がドアを激しくノックした。返事がないと分かると鍵をこじ開けて家の中に押し入り、ベッドで寝ていた92歳の女性をたたき起こした。

男性2人はこの女性と74歳の息子を隔離施設に連行すると告げた。記録によると、2人とも5日前に受けた新型コロナ検査で陽性と判定されていた。女性が連行を拒むと――女性も息子もその後の検査で陰性となっていた――ベッドから床の上へ引きずり出されたという。最悪の事態を恐れた息子は女性の身支度を手伝い、命令に従うことにした。

この経緯は、上海で生まれ育った元ジャーナリストの孫娘、ジー・イーさんが中国大手SNSの微博(ウェイボー)に投稿。中国全土に衝撃と憤りが広がっている。

地元自治体は19日夕、深夜に高齢者2人を自宅から隔離施設に移送したことを確認した。警察と町内会の職員がアパートの玄関ドアをこじ開けたのは、住人に事故が起きたのではないかと恐れたためだったと説明。住人の高齢者2人は警官と話をして移送に同意し、「自主的に階下に降りて」車に乗ったとしている。

当局が感染拡大を食い止める目的で陽性者全員を隔離する対策を強める中、上海ではここ数日で、大勢の高齢者が政府の隔離施設に連行されている。

高齢者が必要とする装備も医薬品もない状態で隔離施設に送られることもあり、高齢の親や祖父母を助けてほしいとSNSで訴える住民もいる。

倉庫を改装した隔離施設に入所している患者はCNNの取材に対し、18日夜、高齢者のグループが、一部は車いすで、介護施設から隔離施設に送られてきたと証言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]