北朝鮮のミサイル発射実験、新型ICBMシステムを使用 米政府分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮による2回のミサイル発射は新たなICBMシステムの試験だったとみられる/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

北朝鮮による2回のミサイル発射は新たなICBMシステムの試験だったとみられる/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

(CNN) 米政府は10日、北朝鮮が最近実施した2回のミサイル発射について、新しい大陸間弾道ミサイル(ICBM)システムの試験だったとの見解を示した。

2回の弾道ミサイル実験は2月26日と3月4日に実施された。国防総省のカービー報道官は声明で、両実験にICBMの射程や性能を示す狙いはなく、将来的に最大射程の実験を行う前に新システムを評価する目的だった可能性が高いと指摘した。

当局者によると、新システムは2020年10月に行われた朝鮮労働党の軍事パレードで初めて公開され、21年10月の国防発展展覧会でも再公開された。

カービー氏は「米国はこれらの発射を強く非難する。複数の国連安保理決議にあからさまに違反しており、無用に緊張を高め、この地域の安全保障情勢を不安定化させる危険性を伴うものだ」としている。

米当局者は記者団との10日の電話会見で、新型ミサイルシステムに関する今回の分析は韓国や日本と調整して進めたと述べ、国連を含む他の同盟国やパートナー国と詳しい情報を共有していることを明らかにした。バイデン大統領は北朝鮮との協議に前向きだとも言い添えた。

一連のミサイル発射を受け、米インド太平洋軍は9日、北朝鮮に関する情報収集や即応体制などを強化していると発表。「黄海における情報・監視・偵察(ISR)収集活動の拡充や、地域の弾道ミサイル防衛部隊の即応体制強化を指示した」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]