高級車輸送の貨物船で火災 乗員全員が避難、大西洋を漂流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火災が発生した貨物船「フェリシティエース」=17日、ポルトガル沖/From Marinha Portuguesa

火災が発生した貨物船「フェリシティエース」=17日、ポルトガル沖/From Marinha Portuguesa

ニューヨーク(CNN Business) 大量の高級車を積んでドイツから米国へ向かっていた貨物船が、ポルトガル沖で火災を起こした。乗員は全員が避難して、同船は大西洋上で漂流を続けている。

ポルトガル海軍の16日の発表によると、火災が起きたのは車両輸送貨物船「フェリシティエース」(全長約200メートル)。ドイツのエムデンから米ロードアイランド州へ向かう途中、北大西洋上で16日に出火した。同船はポルシェやフォルクスワーゲンなどの高級車を輸送していた。

火災は貨物室で発生して船内に燃え広がり、ポルトガル海軍によれば、脱出した乗員は22人全員が無事救助されて地元のホテルに搬送された。これまでのところ、火災による汚染の形跡は見られないとしている。

貨物船の保有者は、火災が続く同船の曳航(えいこう)を手配している。同船はパナマ船籍で、商船三井が運航していた。商船三井にコメントを求めたが返答はなかった。

ポルシェはCNN Businessの取材に対し、火災が起きた貨物船に同社の車多数が搭載されていたことを確認、顧客にはディーラーを通じて連絡を取っていると説明した。

フォルクスワーゲンも、顧客に届ける予定だった車が同船に搭載されていたことを確認。運輸会社と連絡を取って情報収集に当たっていると説明した。

AP通信によると、フェリシティエースの積載量は1万7000トン以上。何千台もの車が搭載されていた可能性がある。ポルトガル海軍によると、17日現在も火災は続いており、現場の海上では海洋巡視艇が監視を続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]