米、ウクライナ危機めぐりロシアと協議 「率直な」会談も事態打開なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア・クラスノダール地域で訓練を行うロシア軍の戦車。ロシアはウクライナ国境に近い地域で軍事演習を行う/AP

ロシア・クラスノダール地域で訓練を行うロシア軍の戦車。ロシアはウクライナ国境に近い地域で軍事演習を行う/AP

リャブコフ氏は会談後記者団に対し、ウクライナ国境での軍備増強に関して米国は懸念しているが、ロシアは軍事作戦に踏み切る意図はないと説明。「米国側に攻撃の計画はないと説明した」「兵士の戦闘訓練はすべて我が国の領土の内側で行われている。この点に関して事態激化のシナリオを懸念する理由はない」とした。

シャーマン氏によると、米国は緊張緩和の定義として、ロシアがウクライナ国境付近の兵士らを兵舎に戻すか、あるいは兵士らが行っている演習はどんな内容で何の目的があるのかを説明することを挙げている。ロシアは米国に対し、国境での軍集結は侵攻への前触れではないと伝えたという。

今後はベルギー首都ブリュッセルで12日に北大西洋条約機構(NATO)とロシアの会談、13日にオーストリア首都ウィーンでロシアと欧州安全保障協力機構(OSCE)の協議が行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]