元従業員の給与、硬貨9万枚を自宅前山積みで「支払い」 業者訴えられる 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元従業員の未払い給与、自宅前に硬貨山積みで「支払い」

ニューヨーク(CNN) 米ジョージア州の自動車修理業者が、元従業員の給与の未払い分として1セント硬貨200キロ分以上をこの従業員の自宅前に山積みにしたとして、米労働省に訴えを起こされている。

元従業員は、給与の未払いについて労働省に相談したところ、この業者から報復された。労働省は先月、この業者が労働法に違反したとして訴えを起こした。

訴えられたのはジョージア州ピーチツリーシティーで自動車修理店を営むマイルズ・ウォーカー氏。従業員だったアンドレアス・フラーテン氏の未払い分の給与として、オイルまみれの1セント硬貨9万1500枚をフラーテン氏の自宅の進入路に廃棄したとされる。硬貨の山には、誹謗(ひぼう)中傷のなぐり書きが添えられていた。

フラーテン氏は上司と言い争って自動車修理店を辞めた後、最後の給与915ドルが未払いになっているとして、昨年1月に労働省に相談した。ウォーカー氏はその翌日、労働省からの電話に対し、フラーテン氏に給与を払うつもりはないと告げていた。

しかしその後、「自分がどれだけ最低な人間かをあいつに分からせてやる」「1セント硬貨がたくさんあるからそれを使う」と言い放ったとされる。

ウォーカー氏は同年3月、フラーテン氏の自宅の進入路に1セント硬貨を廃棄した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]