「忍者」の格好した男、刀剣で警官襲撃試みる 仏警察が銃で対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス西部シェルブールで忍者の格好をした男が刀剣で女性警官を襲撃/Google

フランス西部シェルブールで忍者の格好をした男が刀剣で女性警官を襲撃/Google

(CNN) フランス西部シェルブールで2日、忍者のような格好をした男が刀剣で警官2人を襲おうとする事件があった。当局が明らかにした。警察は男を銃で撃って無力化したという。

女性警官2人が自動車窃盗に関して質問しようと男に近づいたところ、事態がエスカレートした。シェルブール市の報道官はCNNの取材に、「男は銃弾で無力化された」と述べたものの、男の容体については明かさなかった。

フランスのダルマナン内相はツイッターで「シェルブールで自動車窃盗に介入した際、警官2人が負傷した」と述べ、警察への支援を表明した。 

シェルブールのベノワ市長も警察の尽力に謝意を示した。

当局によると、負傷した警官2人の容体は良好だという。

フランス南部カンヌでも先月、刃物による警官襲撃事件があったものの、襲われた警官は防弾チョッキを着用していたため無事だった。襲撃犯は警察署前にいた警官4人に近づき、4人の乗った車両のドアを開け、うち1人の胸部を刺したという。その後2人目の警官を刺そうとしたところで制圧された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]