中国のステルス戦闘機「J20」、国産エンジン搭載した改良機を初公開

中国、国産エンジン搭載のステルス戦闘機「J20」初公開

香港(CNN) 中国は28日、同国の最新鋭ステルス戦闘機「J(殲20)」に国産エンジンを搭載した改良機を初公開した。米国のF22に対抗するためJ20の能力強化を図る中国にとって重要な節目となる。

中国南部・広東省珠海で航空ショーに登場したJ20には、国産の「WS10エンジン」が搭載されていた。WS10エンジンは、J20の初期モデルに搭載されたロシア製エンジンを置き換える目的で人民解放軍空軍により開発された。

国営環球時報は6月、国産エンジンを積んだJ20の部隊が北東部で編成されたと報道。中国中央テレビ(CCTV)の映像には、J20が共産党結党100年の記念式典で飛行する様子が映っていた。

だが、国産エンジン搭載機が中国の一般国民や外国人に公開されたのは今回が初だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]