豪シドニーに軍要員を追加投入、デルタ株拡大で州全体がロックダウン

マスクを着用していない男性に近づく警官=12日、豪、シドニー/Jenny Evans/Getty Images

マスクを着用していない男性に近づく警官=12日、豪、シドニー/Jenny Evans/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスのデルタ変異株が猛威を振るうオーストラリアで、大都市シドニー周辺の外出制限を徹底するため、追加の軍要員が投入された。感染対策のロックダウン(都市封鎖)措置は、同市のあるニューサウスウェールズ(NSW)州全体に拡大されている。

NSW州で14日に報告された新たな市中感染は466件と、過去最多を記録した。ベレジクリアン州首相は14日の記者会見で「これは文字通り戦争だ」と述べ、同日午後5時から7日間、州全体がロックダウンに入ると発表した。

州の住民は必需品の買い物や病院受診、2人以内での運動、在宅勤務が不可能な場合の通勤を除いて外出を禁止され、学校はオンライン授業に移行した。

シドニーのロックダウンは7週間以上前から続き、28日に解除される予定だったが、9月まで延長される見通しが濃厚になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]