米戦闘機、英空母クイーン・エリザベスから実戦参加 中東での作戦支援

2018年の演習時に英空母クイーン・エリザベスの上空を飛行する米軍のF35B/Dane Wiedmann/Navy Office of Information/U.S. Navy

2018年の演習時に英空母クイーン・エリザベスの上空を飛行する米軍のF35B/Dane Wiedmann/Navy Office of Information/U.S. Navy

(CNN) 米海兵隊のジェット戦闘機が今週、英空母「クイーン・エリザベス」の艦載機として中東での実戦任務に参加した。米国の軍用機が外国の軍艦から実戦に向けて飛び立つのは第2次世界大戦以降で初めて。英国防省が22日に明らかにした。

今回の任務は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に対する掃討作戦で、クイーン・エリザベスにとって初の実戦ともなる。同空母は英海軍史上最大の軍艦。英国の空母が実戦を行うのも過去10年で初めてとなる。

空母航空団の司令官を務めるジェームズ・ブラックモア大佐は、米国の軍用機が最後に外国の空母から実戦任務へ飛び立ったのは1943年にさかのぼると説明。その時の空母は南太平洋に展開していた英海軍の「ビクトリアス」だったという。

クイーン・エリザベスから掃討作戦に向かったのは米軍のステルス戦闘機「F35B」で、英軍の同型機とともに作戦を支援した。

今回クイーン・エリザベスの艦載機となった米英のF35Bは計18機。同機が1隻の空母に搭載された数としては過去最多となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]