解体中のビル倒壊でバスが下敷きに、34人死傷 韓国

解体中の建物が倒れてバスが下敷きになり、死者が出ている=9日、韓国・光州市/Chung Hoi-sung/Yonhap/AP

解体中の建物が倒れてバスが下敷きになり、死者が出ている=9日、韓国・光州市/Chung Hoi-sung/Yonhap/AP

ソウル(CNN) 韓国で9日、解体作業中だった5階建てのビルが倒壊してバス1台が下敷きになり、行政安全部によると少なくとも9人が死亡、25人が負傷した。

ビルの倒壊は首都ソウルから約270キロ南西の光州市で発生。交通量の多い道路上で停車していたバスが、がれきの下敷きになった。負傷者25人のうち8人は重傷を負っている。

現場で解体作業をしていた作業員16人は無事で、ビル倒壊によるけがはなかった。

現場には消防士約190人が出動し、警察も加わって捜索救助活動を続けている。

がれきの中の生存者を探す救急隊=9日、韓国・光州市/Chung Hoi-sung/Yonhap/AP
がれきの中の生存者を探す救急隊=9日、韓国・光州市/Chung Hoi-sung/Yonhap/AP

ロイター通信によると、ビルが倒壊した原因は分かっていない。原因については国土交通省が調査する。

韓国では1995年に百貨店の建物が倒壊して500人以上が死亡。1994年に起きた橋の崩落では49人が死亡した。近年では安全対策の強化に力を入れている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]