香港の天安門事件記念館が閉鎖、犠牲者追悼日の2日前に

天安門事件を追悼、香港「六四記念館」の展示物

香港(CNN) 民主化を求めて集まった人々を中国軍が武力で鎮圧した天安門事件を追悼する香港の施設「六四記念館」が、当局の指導により閉鎖を余儀なくされたことが分かった。事件から32年となる今月4日を迎える直前での閉鎖となった。

香港・九龍地区の旺角にある六四記念館は1989年6月4日に起きた天安門事件を追悼する大中華圏で唯一の場所だが、1日に食物環境衛生署の当局者が査察に訪れ、運営者に対し「公衆娯楽場所」として違法操業していると告げた。

同署はCNNへの声明で、必要な許可を得ずに娯楽施設が運営されているとの苦情を最近受けたと説明。「人を楽しませる」事業者はすべてこの許可が必要で、施設への入館料の有無は関係ないという。六四記念館は無料で入館できる。

香港では通常であれば6月4日に数万人の市民がビクトリア公園に集まり、天安門事件の犠牲者を追悼する。

昨年の集会は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に中止されたが、今年も警察は同じ理由で中止を決定。先月29日に裁判所がこの決定を支持した。その翌日には六四記念館を開館した「香港市民支援愛国民主運動連合会」(支連会)が、同館での献花などで犠牲者を追悼するよう呼び掛けていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]