ナバリヌイ氏、17日にロシア帰国と表明

ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏が17日に帰国するとツイート/Andrey Rudakov/Bloomberg/Getty Images

ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏が17日に帰国するとツイート/Andrey Rudakov/Bloomberg/Getty Images

(CNN) ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏は13日のツイートで、毒殺未遂で搬送されたドイツから17日に帰国する意向を表明した。

ナバリヌイ氏は「帰国するかどうか迷ったことは一度もない」と強調。ロシアの格安航空会社(LCC)ポベダの便で帰国すると書き込んだ。

同氏は昨年8月、ロシア国内で神経剤「ノビチョク」を盛られて重体となり、搬送先のドイツで療養を続けていた。

ロシア当局は昨年末、ナバリヌイ氏を新たに詐欺の疑いで捜査し始めたと発表。これに対して同氏はインスタグラムに投稿した動画で、自身の帰国を阻止するための「明らかなでっち上げ」だと主張していた。

11日にはロシアの刑務当局が、ナバリヌイ氏に別件で言い渡されていた執行猶予付きの刑を実刑に変更するよう裁判所に要請した。当局は、同氏がドイツに滞在することで執行猶予の条件に違反していると主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]