英アストラゼネカのワクチンに「平均70%の有効性」

アストラゼネカがオックスフォード大と共同で開発したワクチンを注射される治験参加者=6月24日/Siphiwe Sibeko/Pool/AP

アストラゼネカがオックスフォード大と共同で開発したワクチンを注射される治験参加者=6月24日/Siphiwe Sibeko/Pool/AP

(CNN) 英製薬大手アストラゼネカは23日、英オックスフォード大と共同で開発している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で、平均70%の有効性が認められたと発表した。

発表によると、英国とブラジルで2組の大規模な治験を実施した。

一方では参加者2741人に対し、1回目に通常の半量、1カ月以上の間を置いて全量を投与した結果、90%の予防効果がみられた。

もう一方では8895人に1カ月以上の間隔で2回、いずれも通常の量を投与したところ、予防効果は62%だった。

どちらも参加者の中で新型ウイルスに感染して重症化したり、入院したりした例はみられなかった。

1回目の投与量によって効果に違いが出た理由は不明だが、半量投与のグループでは無症状の感染例が減少したという。

治験は英国、米国、日本、ロシア、南アフリカ、ケニアや中南米の数カ国で実施されている。

新型ウイルスのワクチン開発では今月、米製薬大手のモデルナが94.5%、ファイザーが95%の予防効果を相次いで発表していた。

アストラゼネカのワクチンは2~8度と一般的な冷蔵庫の温度で少なくとも6カ月間、保管や運搬が可能。価格も競合のワクチン候補より低く設定される見通しだ。

同社幹部は23日の会見で、英国で年内に2000万回分、来年3月末までにさらに7000万回分を供給できると述べた。来年中には最大30億回分の生産体制を確立し、世界各国で緊急使用許可を申請する構え。貧困国への普及に向けた世界保健機関(WHO)の枠組みにも参加する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]