中国で記録的な豪雨続く 死者・行方不明者141人、3800万人に被害

中国で記録的豪雨

(CNN) 中国で先月から記録的な豪雨が続き、当局によると被害を受けた住民は3800万人、死者・行方不明者は計141人に上っている。

中国が夏に洪水に見舞われることは珍しくないが、今年は特に深刻で、本土31省のうち27省に被害が及び、これまでに計224万人が避難を強いられた。

一部地域の水位は、3000人の死者を出した1998年の洪水以来のレベルに達している。当局が13日に発表したところによると、揚子江流域を中心に計443の河川が氾濫(はんらん)し、このうち33河川で過去最高水位を記録した。

揚子江流域では過去数週間の平均雨量が61年以来で最多となった。

全国で被害を受けた農地は計約350万ヘクタール、家屋は2万8000棟に及び、町全体が水没した例も報告されている。

国営新華社通信は12日、経済損失が822億3000万人民元(約1兆2600億円)の規模に達したと伝えた。

中国経済が新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きな打撃を受け、回復に向かおうとした矢先の災害となった。

被害の大きい揚子江流域には、国内の新型コロナ感染者の8割以上を占めた湖北省がある。同省の複数の都市で過去最悪の豪雨が観測され、洪水や土砂崩れが続発。人口6000万人のうち、先週までに900万人が被災し、111億2000万人民元の経済損失が出た。

豪雨は今後さらに数日間、広い範囲で続く見通し。気象当局は四川、湖北、浙江省などで18日にかけ、強い雨が予想されるとして注意を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]