「陽性者の半数は無症状」 アイスランドの徹底した検査に学ぶ

アイスランドは新型コロナ感染拡大への対応として徹底した検査体制を敷いている/Jon Gustafsson

アイスランドは新型コロナ感染拡大への対応として徹底した検査体制を敷いている/Jon Gustafsson

(CNN) 北欧の島国アイスランドは新型コロナウイルス感染の徹底した検査体制で知られる。これまでの検査を通して、陽性者の半数に症状がみられないなど、注目すべき結果が明らかになっている。

アイスランドの人口は36万人。3月末までに、その5%近くを占める1万7900人余りが新型ウイルスの検査を受けた。国立大学病院では高リスクのグループや症状のある患者を対象に検査を実施しているが、約半分は保健当局の委託を受けたバイオ医薬品会社、デコード・ジェネティクスが一般市民を対象に実施している。

デコード・ジェネティクスは米バイオ医薬品会社アムジェンの子会社。保健当局によると、同社のスクリーニング検査は症状のない人、現時点で隔離されていない人がだれでも受けられる。ただし、今のところ自発的に検査を受けたケースに限られるため、多少の偏りはあるという。

同社を設立したカリ・ステファンソン博士がCNNに語ったところによると、これまでに検査した約9000人のうち、陽性反応を示したのは1%未満。このうち約半分が無症状だった。

「一般市民へのスクリーニング検査により、症状が出る前の感染者を早期に見つけることができている」と、同博士は語る。

検出されたウイルス全ての地理的起源も特定することができる。イタリア、オーストリア、英国と、それぞれの起源ごとに小さな変異が認められる。米西海岸に特有の変異も1件見つかった。

感染した場合に軽症で済むか、重症化するかの違いがウイルスの変異に由来するのか、患者側の遺伝的要因によるのか、あるいは両方の組み合わせなのかは分からない。ただし、同社はすでに半数近い国民の医療情報や遺伝子型のデータを持っているため、答えを見つけやすい立場にあるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]