インド、都市封鎖で大気汚染物質が激減

感染拡大阻止のための都市封鎖を受け、インドの大気汚染が大幅に改善されたという/Rajat Gupta

感染拡大阻止のための都市封鎖を受け、インドの大気汚染が大幅に改善されたという/Rajat Gupta

(CNN) インドで新型コロナウイルス感染拡大を受け、先月25日に始まったロックダウン(都市封鎖)の副産物ともいえる現象が起きている。深刻なレベルに達していた大気汚染物質が、数日間のうちに激減したことが分かった。

インドではロックダウンにより、全土の工場や市場、店舗、礼拝施設などが閉鎖され、公共交通機関や建設工事もほぼストップ。その結果、 世界最悪とされる大気汚染大国に青空が戻った。

環境当局のデータによると、ニューデリーでは微小粒子状物質PM2.5の濃度が3月20日の1立方メートルあたり91μg(マイクログラム)から27日には同26μgと、71%も低下した。

二酸化窒素の濃度も同じ期間に1立方メートルあたり52μgから71%下がり、同15μgとなった。

ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、バンガロールの各都市でも同様の変化を観測している。

また地球科学省の研究者によれば、ロックダウンに先立ち、今月初めから交通機関の運行などが制限されていたため、先月第1~3週の間にムンバイとプネー、アーメダバードで観測された二酸化窒素濃度の平均は、前年の同じ時期に比べて40~50%低い数値となっていた。

モディ首相が外出自粛を要請した22日には、交通公害のもたらす1日当たりの汚染レベルが史上最低を記録した。この記録は今後、さらに更新される可能性が高いと専門家はみている。

同じような傾向は中国や欧州にもみられる。大気汚染が人為的な現象であること、大幅な改善も可能であることが証明されたと、専門家は指摘する。新型ウイルスによる危機が去った後、化石燃料からの脱却が加速するかどうかが注目される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]