世界最高齢の日本人男性、渡辺智哲さんが死去 112歳

世界最高齢男性としてギネス記録に認定されていた渡辺智哲さんが死去した/JAPAN POOL/JIJI PRESS/AFP via Getty Images

世界最高齢男性としてギネス記録に認定されていた渡辺智哲さんが死去した/JAPAN POOL/JIJI PRESS/AFP via Getty Images

香港(CNN) 新潟県は25日、存命中の世界最高齢男性としてギネス記録に認定されていた渡辺智哲(ちてつ)さんが23日に死去したと発表した。112歳だった。

渡辺さんは1907年3月5日生まれ。介護施設で暮らし、今月12日にギネス認定を受けたばかり。地元紙とのインタビューで、長寿の秘訣(ひけつ)は腹を立てず、いつも笑顔でいることだと話していた。

ギネスによると、渡辺さんは出身地の新潟県から台湾に渡り、製糖会社に勤務していたこともある。帰国後は県の出先機関に定年まで勤めた。

男性の長寿世界一としては、2013年6月に亡くなった木村次郎右衛門さんが116歳と54日のギネス記録を樹立している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]