園児が手投げ弾持ち込み、爆弾処理班出動で幼稚園封鎖 スウェーデン

スウェーデン南部で幼稚園児が手投げ弾を園内に持ち込み、爆弾処理班が出動した/Google Maps

スウェーデン南部で幼稚園児が手投げ弾を園内に持ち込み、爆弾処理班が出動した/Google Maps

(CNN) スウェーデン南部クリシャンスタードの幼稚園で、園児が手投げ弾を教室に持ち込み、爆弾処理班が出動して園を封鎖する騒ぎがあった。

警察によると、10日に子どもたちが帰宅した後、職員が不審物を見つけて通報した。現場に駆け付けた警察が調べた結果、手投げ弾だったことが分かり、爆弾処理班が出動した。

警察によると、手投げ弾はライフル銃のカートリッジ(弾薬筒)のような形状で、大きさはカートリッジより大きかった。爆発物の専門家は、動かすのは危険が大きすぎると判断。園内で解体処理が行われた。

手投げ弾は軍の演習場で園児が見つけたものだった。演習場は、射撃訓練が行われていない時期に一般に公開されることがある。ただし、見慣れないものには触れないよう注意が呼びかけられていた。

手投げ弾を持ち込んだのは、スウェーデンの就学年齢に達していない7歳未満の子どもだった。身元は公表されていない。警察は、犯罪捜査を行っていないことを確認した。

担当官は地元メディアの取材に対し、「もし子どもたちのいる所で爆発していたら大変なことになっていた」と指摘、「問題の子どもは多分、格好いいと思って見せびらかしたかったのだろう。両親は自宅に手投げ弾があることを知らなかった」と話している。

担当官によれば、小学生が演習場で見つけた手投げ弾を教室に持ち込む騒ぎは数週間前にも起きていた。「卓球台に置かれているのを職員が見つけ、心臓発作を起こしそうになった」という。

こちらは警察が調べた結果、不発弾だったことが判明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]