シーア派宗教行事で将棋倒し、31人死亡 イラク

(CNN) イラク中部のカルバラで10日、イスラム教シーア派の宗教行事「アシュラ」に参加した信者らが将棋倒しになり、イラク保健省によると少なくとも31人が死亡、100人以上が負傷した。

アシュラはシーア派にとって1年で最も重要な行事とされ、周辺の道路は詰めかけた参加者で埋め尽くされていた。

治安当局者がCNNに語ったところによると、将棋倒しが起きた状況については警察が捜査を行っている。

現場には救急車が駆けつけて負傷者を搬送した。

アシュラは、預言者ムハンマドの孫に当たるイマーム(指導者)フセインの死を悼む行事。カルバラはバグダッドの約100キロ南部にあり、フセインは同地で680年に起きた戦いで死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]