英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」で水漏れ、試験航海を切り上げ

米ニューヨークに寄港した空母「クイーン・エリザベス」=2018年10月/Christopher Furlong/Getty Images

米ニューヨークに寄港した空母「クイーン・エリザベス」=2018年10月/Christopher Furlong/Getty Images

(CNN) 英国海軍は11日までに、試験航海中の最新型空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン)で水漏れが発生し、航海を切り上げたと発表した。

海軍の報道担当者は、内部システムに軽微な問題が発生し、同空母の建造に当たった業者は船内から少量の水の排除に迫られたと報告。水漏れの原因は調査中とした。

一部の英国メディアは高圧海水パイプが破裂し、階段部分などが損傷したと報道。ただ、海軍は船体に損傷はないと説明した。

艦隊の将来的な旗艦となる同空母は先月、試験航海のためポーツマス海軍基地を出港。当初から修理作業などのため今週後半には同基地へ戻る予定だった。今回の早めの帰港は予防措置のためともした。

英海軍の報道発表文によると、同空母は今年5月、乾ドックで広範な点検や設備の維持管理作業などを実施。作業では284もの船体バルブの交換、海水取水パイプの点検、パイプなどの腐食防止装置の取り換えなどが実施された。

クイーン・エリザベスは今年後半、最新型戦闘機F35Bを搭載した試験航海のため、米国を訪れる予定。同空母は来年、本格的な作戦遂行が可能な段階に入る見通しとなっている。

英海軍は現在、クイーン・エリザベスの姉妹艦となる空母「プリンス・オブ・ウェールズ」も建造中。クイーン・エリザベスの建造費は38億米ドル。2隻とも英海軍史上、最大規模かつ最新性能を誇る空母としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]