英軍F35B、初の実戦投入 対ISIS作戦に出撃

初の実戦から戻ったF35B=キプロスのアクロティリ英空軍基地/Cpl Jimmy Wise/RAF/UK Ministry of Defence 2019

初の実戦から戻ったF35B=キプロスのアクロティリ英空軍基地/Cpl Jimmy Wise/RAF/UK Ministry of Defence 2019

(CNN) 英国防省は27日までに、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に対する作戦で最新鋭ステルス戦闘機F35Bを初めて実戦投入したと明らかにした。

作戦はイラクとシリアで23日に実施された。「ダーイシュ(ISIS)に対する進行中の戦いの一環として」F35Bがタイフーン戦闘機と共に飛行したとしている。

初の実戦投入に先立ち、地中海キプロスではF35Bの運用能力確立を目指す演習が行われていた。

英国防省によると、F35Bはこの訓練中に優れた性能を示し、今回キプロスのアクロティリ英空軍基地から出撃した。ただ、F35Bによる攻撃は実施していない。

王立空軍のサイトによると、F35Bは「空対地作戦や電子戦、情報収集、空対空作戦」などの任務を同時遂行できる。

モーダント英国防相はアクロティリ基地での会見で、「F35Bは我々が持つ最も先進的な戦闘機であり、今後数十年にわたり英国の防空を支える屋台骨になる」と話した。

F35B部隊は空軍と海軍が共同運用する。ステルス飛行のほか超音速飛行や短距離離陸・垂直着陸も可能で、英政府は138機を取得予定。

英海軍将官は声明で、今秋には英空母「クイーン・エリザベス」が米東岸に戻り、F35B部隊と運用試験を行うと説明した。こうした試験を経て、2021年までに同空母での艦載運用の準備が整う見通しという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]