南米アルゼンチンなど3カ国、全土で停電 チリとブラジルの一部も

真っ暗な交番の前を通り過ぎる人/Ricardo Ceppi/Getty Images

真っ暗な交番の前を通り過ぎる人/Ricardo Ceppi/Getty Images

エデスールによれば、利用者の80%に当たる200万戸以上では午後3時までにサービスが復旧し、アルゼンチンとの国境に近いウルグアイ西部でも復旧した。同国の電力管理当局によると、モンテビデオを含む南部の一部地域でも電力が復旧した。

アルゼンチンの電力会社エデノールによると、パラグアイとの国境近くにあるパラナ川のヤシレタダムで、送電システムが自動停止した。

障害が起きたのは、同ダムとアルゼンチン沿岸部にある発電所を結ぶ相互接続システムで、同国の電力を担う2つのシステムのうちの1つだった。

相互接続システムが完全に正常に戻るまでには終日かかる可能性があるとエデノールは説明している。

全面停電に見舞われた3カ国の人口は合計で5500万人に上る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]