香港で再び大規模デモ、200万人参加か 行政長官は謝罪

香港で再び大規模デモ

香港(CNN) 香港で16日、犯罪容疑者を中国本土へ引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案への抗議デモが再び実施され、主催者発表によると過去最多の200万人近くが参加した。

デモ隊は正午すぎから香港島のビクトリア公園に集結。参加者らは黒い服に白いリボンを付け、中心部の金鐘(アドミラルティ)地区まで行進した。15日にビルから抗議の垂れ幕を掲げて転落死した男性に弔意を表し、白い花束を抱える人の姿も目立った。

警察はこの日の参加者を33万8000人と発表した。

香港政府の林鄭月娥・行政長官は15日、逃亡犯条例の改正に向けた審議を無期限で延期すると表明していた。さらに16日の大規模デモを受け、同日夜には政府に落ち度があったと謝罪した。

これに対してデモ参加者らは、改正案の完全な撤回を求めている。

主催の民主派団体「民間人権陣線(CHRF)」は林鄭氏の退陣を要求。さらに、政府がデモを「暴動」と呼ぶことをやめ、12日のデモで拘束された参加者らを釈放するまでデモを続けると表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]