香港で抗議デモ、100万人参加か 中国本土への容疑者移送条例に反対

香港で大規模デモ、「逃亡犯条例」に反対

香港(CNN) 香港で9日、容疑者の身柄を中国本土へ移送できるようにする「逃亡犯条例」に抗議する大規模デモが行われ、主催者発表で100万人以上が参加した。

これほどの大規模デモは、香港が1997年に中国に返還されて以来、初めてとなる。主催団体の「民間人権陣線」は、103万人がデモ行進を行ったと発表した。香港の人口748万人のうち、7人に1人以上が参加した計算になる。

一方、香港警察の推計では、参加者は24万人だった。

同条例案に対しては、香港住民が政治的理由、あるいはビジネス上の不注意による罪に問われて中国当局に引き渡される恐れがあり、香港の高度な自治を認めた司法制度の弱体化につながるとして、反対の声が強まっていた。

9日午後、主催団体指定の白い服装で香港中心部にあるビクトリア公園に集まった参加者は、プラカードを掲げ、「香港住民よ、あきらめるな」と声を上げた。

「悪の条例を撤回せよ」「中国への移送反対」と叫び、林鄭月娥行政長官の辞任を要求する声も上がった。参加者は、金鐘(アドミラルティ)地区の立法会(議会)まで約3キロをデモ行進した。

香港警察はツイッターを通じ、少なくとも7人を逮捕したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]