サウジ、テロ関連で37人の死刑執行 1人ははりつけに

サウジアラビアがテロ関連で有罪となった37人の死刑を一斉に執行/YASIN AKGUL/AFP/Getty Images

サウジアラビアがテロ関連で有罪となった37人の死刑を一斉に執行/YASIN AKGUL/AFP/Getty Images

(CNN) サウジアラビアは23日までに、テロ関連の罪で有罪となった37人の死刑を国内各地で一斉に執行した。内務省が同日、国営サウジ通信(SPA)を通じて声明を出した。

声明には37人の名前が明記されている。このうち1人にははりつけの刑が適用されたという。

SPAのツイートによると、死刑囚らは過激なテロ思想に走り、治安を妨害する目的でテロ集団を結成し、混乱や抗争をあおった罪で処刑された。

サウジは世界でも死刑執行数が多いことが知られている。2016年1月にはイスラム教シーア派の高位聖職者を含む47人が、テロ関連の罪で処刑された。

同国のムハンマド皇太子は17年に実権を握って以来、活動家や聖職者、実業家、王子ら反対勢力への締め付けを強めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]