北朝鮮の貨物船、制裁違反で差し押さえ 米司法省発表

米国政府が北朝鮮の貨物船の差し押さえを発表した/RODRIGO ARANGUA/AFP/AFP/Getty Images

米国政府が北朝鮮の貨物船の差し押さえを発表した/RODRIGO ARANGUA/AFP/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) 米司法省は9日、制裁違反を理由に北朝鮮の貨物船「M/Vワイズ・オネスト」を差し押さえたと発表した。米朝関係は2月にベトナムで行われた首脳会談の決裂で悪化しており、一層の緊迫化につながる恐れもある。

司法省によると、ワイズ・オネストは中国など他国で販売する石炭を北朝鮮から輸送する目的で使われていた。米国や国連は、北朝鮮が核兵器や弾道ミサイル開発の資金に充てるため、石炭を不正に輸出していると批判していた。

司法省の発表では、こうした輸送船の差し押さえは初めてだったと述べ、北朝鮮に対して「最大限の圧力」をかける取り組みの一環だと説明している。

ワイズ・オネストは北朝鮮で2番目の大型商船で、米検察当局によれば、40万キロ以上の鋼板を含む重機を北朝鮮へ輸送する目的でも使われていた。現在は米領サモアに向かっているという。

同船はもともとインドネシアの海運当局が2018年4月に拿捕(だほ)したもので、同年7月に米国の裁判所が差し押さえ令状を出していた。

米検察は同船の差し押さえについて、北朝鮮の核開発を巡る米朝間の交渉の行き詰まりや、北朝鮮が短距離ミサイル2発を発射したという韓国からの情報とは無関係だと強調している。

米検察によると、北朝鮮からは何度も石炭が中国に輸送され、1度はロシアに寄港する予定もあったとされる。インドネシア海運当局は、北朝鮮の南浦で1カ月前に積んだ石炭を搭載して南へ航行していた同船を2018年4月2日に拿捕した。

北朝鮮人の船長はインドネシアで逮捕され、同年11月に有罪判決を言い渡されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]