礼拝堂で神父刺される、容疑者を逮捕 カナダ・モントリオール

カナダ・モントリオールにあるサン・ジョゼフ礼拝堂。神父を刺したとして男が起訴された/Michel Caty

カナダ・モントリオールにあるサン・ジョゼフ礼拝堂。神父を刺したとして男が起訴された/Michel Caty

(CNN) カナダ東部モントリオールにあるカトリックの礼拝堂で22日午前、ミサを執り行っていた神父(77)が男に刺されて負傷した。容疑者の男(26)はその場で取り押さえられ、殺人未遂などの罪で起訴された。

現場はモントリオール・ロワイヤル山の高台に建つサン・ジョゼフ礼拝堂。神父はストリーミング配信されていたミサの最中に、信者らの目の前で襲われた。病院へ運ばれて治療を受けている。礼拝堂の報道担当者によると、心身ともに良好な状態で歩行や会話もでき、数日から1週間で復帰する見通し。

容疑者は23日、ビデオ中継で出廷した。以前から警察に名を知られていた人物だという。警察はテロの可能性を否定し、単独の犯行との見方を示している。

ミサには約60人の信者らが参列していた。容疑者が神父を襲い、鋭利な凶器で何回も刺す場面がストリーミングで流れた。

カナダのトルドー首相は「恐ろしい襲撃だ」とツイートし、神父に向けて「国民は早期回復を願っている」と語り掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]