アフリカ南東部でサイクロン被害 死者150人超、150万人が被災

政府当局者は今回の災害を「深刻な人道危機」と位置付けている。

世界気象機関によると、サイクロンは14日にモザンビークに上陸した。

国連人道問題調整事務所(OCHA)は16日、被害の程度はまだ把握できていないものの、これまでに入った情報として「人命が失われ、インフラに甚大な被害が出ている」と伝えた。

国連当局者によると、モザンビークとマラウイを襲った大規模な洪水の被災者は150万人に上ると推計され、120人以上が死亡したと伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]