強姦被害の女性「男っぽすぎ」、無罪判決の理由判明で抗議 イタリア

裁判所の前では数百人が抗議を展開した/courtesy twitter.com/cgil_marche

裁判所の前では数百人が抗議を展開した/courtesy twitter.com/cgil_marche

ローマ(CNN) イタリアの裁判所が強姦(ごうかん)事件の被告2人に対し、被害女性は外見が余りに「男っぽすぎ」だったなどとして無罪判決を言い渡していたことが明らかになり、反発を招いている。裁判所の前では今週、数百人が抗議を展開した。

2016年の一審判決では、15年に中部アンコーナで女性を強姦したとして、ペルー人の男2人に有罪判決を言い渡した。被害女性は当時20歳で、ペルー出身だった。

しかし、アンコーナの控訴裁判所は有罪判決を破棄。女性判事3人は、被害女性の説明は信頼性に欠けるとの判断を示した。被害女性の弁護士によると、この判断の理由は「女性があまりに男性的すぎて(男らは)魅力的とは感じていなかった」というものだった。

判事はまた、被告の1人が女性の電話番号を「バイキング」という名前で登録していたことに言及。さらに、事件当日のイベントを企画したのは女性だった可能性も排除できないとした。

一方、弁護士によると、女性は事件翌日に病院を受診した際、性器を14針縫わねばならなかった。警察に通報した際には、「とても正直」に証言したとしている。

女性の記憶が混乱していた理由については、ドラッグを投与されていたためと指摘した。医師は女性の血液から「デートレイプ」ドラッグが検出されたことを確認したという。

女性は結局、母親とペルーに帰国することを余儀なくされた。

イタリア最高裁は先週、控訴審判決を破棄し、再審を命じた。無罪判決の理由が明らかになったのはこの時が初めてだった。再審はペルージャの裁判所で行われる見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]