5歳女児を拉致後にレイプし殺害 インド

インドで頻発するレイプ犯罪への抗議のプラカードを掲げるデモ参加者=2018年4月15日/SAJJAD HUSSAIN/AFP/AFP/Getty Images

インドで頻発するレイプ犯罪への抗議のプラカードを掲げるデモ参加者=2018年4月15日/SAJJAD HUSSAIN/AFP/AFP/Getty Images

ニューデリー(CNN) インド西部ムンバイ市の警察は9日までに、市内で5歳の女児が拉致後に性的暴行を受けて殺される事件が発生したと報告した。

インドでは女性や少女、女児らを狙ったレイプ事件が多発して深刻な社会問題となっており、政府は対応策を迫られている。

地元警察によると、5歳女児は市内の道路脇にある小屋で両親や兄弟などの3人と一緒に就寝中、連れ去られていた。両親が行方不明を通報後に近くの路上で遺体が発見された。検視でレイプ被害が判明した。

CNNの取材に応じた地元警察幹部は、レイプ犯は単独の可能性があるとした。現場周辺の監視カメラの内容を分析し、容疑者の特定などに努めている。

インドの国立犯罪統計局によると、国内で2016年に発生したレイプは前年比で12%増の3万9000件。13.5分ごとに1件起きる比率となっていた。

レイプ多発に対しインド政府は昨年4月、未成年者のレイプ犯や集団的な性的暴行への加担者は死刑で罰することが可能な法律を暫定的に導入していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]