イタリア、オリーブオイル輸入の事態も 異常気象で生産に大打撃

オリーブの木の具合を確かめる農家の男性=イタリア・フィレンツェ近郊/TIZIANA FABI/AFP/AFP/Getty Images

オリーブの木の具合を確かめる農家の男性=イタリア・フィレンツェ近郊/TIZIANA FABI/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) イタリアで異常気象のためにオリーブオイルの生産量が激減している。気候変動の専門家は、近いうちに外国から輸入しなければならなくなる可能性もあると指摘した。

オリーブオイルはここ数カ月の悪天候や霜害の影響で、2018年の生産量は57%の激減となった。被害額は10億ユーロ(約1260億円)に上り、農家は新たな対策を求めて抗議デモを展開している。

しかし非営利調査機関、欧州地中海気候変動センター(CMCC)のリカルド・バレンティーニ所長によると、気候変動を原因とする異常気象のために被害はさらに広がる見通しで、イタリアは外国からのオリーブオイル輸入を検討せざるを得なくなる可能性もある。

欧州はここ数年、極端な暑さや寒さなどの異常気象が続く。イタリアは2018年2月に寒波に襲われ、夏になると大陸を熱波が覆い、10月には地中海諸国が暴風や洪水の被害に見舞われた。

オリーブオイルは特定の気象条件に対して非常に敏感だといい、「もしこうした傾向が続けば、他国からオイルを輸入する必要性が一層増す」「そうならないことを願っているが、もし今のままの傾向が続けばそうなるかもしれない」とバレンティーニ氏は言う。

オリーブオイルといえばイタリアを象徴する食材で、これまで他国から輸入されたことはほとんどない。バレンティーニ氏は、「私たちの生活が一変してしまう可能性もある」「イタリア人は外国産のオリーブオイルを使ったことがない」と危惧する。

同国最大の農業組合、コルディレッティは、生産量の激減を「非常事態」と位置付ける。特に同国一のオリーブオイル生産量を誇る南部のプーリア州は最も打撃が大きく、「オリーブの木2500万本が壊滅状態」だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]