ワインの前にビールを飲んでも二日酔いは変らず ドイツで実験

「ワインの前にビールを飲んだ方が、二日酔いは軽くなる」というアイデアに真実性はないことが分かった/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

「ワインの前にビールを飲んだ方が、二日酔いは軽くなる」というアイデアに真実性はないことが分かった/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米国人の76%が飲み会の後に経験している二日酔い。たとえビールやワインを飲む順序を変えたとしても、飲み過ぎれば二日酔いの症状は変らない――。欧州の研究チームがそんな研究結果を7日の学術誌に発表した。

研究チームはドイツで19~40歳の90人を対象に、ビールやワインを飲んでもらう実験を行った。

第1グループはまず2.5パイント(約1420ミリリットル)のビールを飲み、続いて大型グラス4杯のワインを消費。第2グループはビールとワインの順序を入れ替えて同じ量を飲み、3番目のグループはビールまたはワインのどちらか一方のみを飲んだ。

1週間後、今度は同じグループの間で飲む順序や内容を入れ替え、第1グループはワインからビール、第2グループはビールからワインの順、第3グループはビールかワインの前回飲まなかった方を飲んでもらった。

翌朝にかけて健康状態を観察した結果、二日酔いの程度はワインを先に飲んでもビールを先に飲んでも変わらないことが分かった。

「『ワインの前にビールを飲んだ方が、二日酔いは軽くなる』というアイデアに真実性はないことが分かった」。調査を行った独ヴィッテン・ヘルデッケ大学の研究者はそうコメントしている。

二日酔いの重症度は、飲んでいる最中に自分で感じた酔いの程度と、飲んでいる間に吐いたかどうかにかかわっていた。飲み終わるころに自分の酔いの程度を10段階で評価してもらい、その程度が高かった人、および飲んでいる間に吐いた人ほど、二日酔いは重症化する傾向があった。

「どんなアルコール飲料でも、飲み過ぎれば二日酔いになる」「翌朝どの程度みじめな思いをするかは、自分がどれだけ酔いを感じたか、気分が悪くなったかどうかで予測するしかない」と研究者は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]