パキスタン、インド軍機の操縦士を解放 緊張緩和図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パキスタンとインドの衝突が激化

イスラマバード(CNN) パキスタンは1日、カシミール地方上空でインド軍戦闘機を撃墜し操縦士を拘束していた件で、操縦士を解放しインド側に引き渡した。数日前からエスカレートする両国間の軍事衝突でパキスタン側が緊張緩和を図った形だが、インド当局は警戒姿勢を崩していない。

操縦士が乗るミグ21戦闘機は先月27日、カシミール地方の停戦ライン上空で両軍機の空中戦が起きた際に撃墜された。核保有国同士の緊張が高まる中で、操縦士の処遇が焦点になっていた。

青いブレザーと白いシャツを着た操縦士はパキスタン外務省のインド部門責任者とパキスタン軍兵士に伴われ、ワガにある国境検問所に到着した。国境ゲートを通ってインド側に入ると、そこからはインド軍要員が付き添った。

引き渡しに先立ち、検問所の両側には兵士が並んだ。国境のインド側では午後に数百人が集まり、太鼓をたたいたり、踊ったり、国旗を振ったりしながら操縦士の帰還を待っていた。

インド空軍高官によると、操縦士はまず医療施設を訪れて検査を受ける。機体から緊急脱出した際、体全体に大きな負荷がかかった可能性があるためだという。

パキスタンのカーン首相は操縦士の解放を「平和の証し」と呼び、緊張緩和を図る姿勢を示している。

一方、インドのモディ首相はツイッターで操縦士の帰還を歓迎。「我が国はあなたの模範的な勇敢さを誇りに思っている」と述べた。

ただ、インドの当局者は今のところ警戒姿勢を崩していない。シン外務担当閣外相は、ジュネーブ条約に従って操縦士を引き渡したからといって、パキスタン側の歩み寄りは十分ではないと指摘した。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「インド」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]